RED BULL Music Academy "Opening Concert" Henrik Schwarz Instruments Featuring An Exclusive Interpretation By Tokyo Secret Orchestra
エレクトロニック音楽界のカリスマ的存在である、ドイツの作曲家であり音楽プロデューサー,ヘンリック・シュワルツが自身の代表曲をオーケストラ向けにアレンジし披露したコンサート。日本公演の会場は日本の伝統的ロケーション築地本願寺、そして演奏は新しき感性を持つ日本の新鋭アーティスト達27人によるオーケストラにより行われました。終演後、ヘンリック・シュワルツ氏より「これまでやった世界中のどのオーケストラよりも素晴らしかった。このオーケストラと世界を廻りたい」と言わしめるほどの成功をおさめ、会場はもちろん超満員で、熱狂に包まれた公演となりました。

「天空のコンサート」 六本木ヒルズ52階展望台 MADO LOUNGE SPICE
六本木ヒルズの展望台で開催された“もっとも天空に近い場所”でのコンサート。時間の経過により沈みゆく夕陽と、夜は大東京の夜景という素敵なロケーションで繰り広げられ、その言葉にできない美しい風景と美しい音楽のコラボレーションは今でも語り草になるほどの伝説的なコンサートです。
北欧のクリスマスをテーマにした“スカイイルミネーション”は弦楽四重奏による本格クラシックのコンサートとして開催し、シベリウスやグリーグの弦楽四重奏曲を演奏。春には“天空の花見カフェ”として、箏と三味線とフルートで演出。GWの1週間にわたり開催された“印象派と呼ばれる作曲家達”は、グランドピアノを入れピアノ曲を中心とした本格的コンサートを開催。その他にも“バッハ 無伴奏の世界”や“スイート・バレンタイン”など季節感と個性あるテーマで定期的に開催されました。

フライデーナイト・サウンド・スクエア イオンレイクタウン Kaze
日本最大級のショッピングモールであるイオンレイクタウンで毎週金曜日18時に開催されている、2010年11月から現在も続く長寿コンサートシリーズ(観覧無料)。土日祝日に不定期で開催されるスペシャル版を入れると、年間50公演以上も開催しており、このコンサートを毎週楽しみにレイクタウンまで足を運んでくれるお客さまも多く、地元越谷の名物にもなっています。
週ごとにアーティストが替わり、クラシックを中心にジャズや民族音楽あり、そして様々な楽器編成とバラエティに富んだ内容も楽しみのひとつです。アーティストによる個性ある演奏やパフォーマンスも身近に感じることができるのも、このコンサートの醍醐味でしょう。

プレミアムコンサート for キッズ
近年ブームの子供向けコンサートですが、日本でそのブームの先駆け的存在であり、最も成功を収めているのが“プレミアムコンサート for キッズ”。他のキッズコンサートと大きく違うのは、単に「子供たちに音楽を聴かせる」のではなく、「子供たちに音楽を体感してもらう」、いわゆる“体験型アトラクション”であるということ。音楽はクラシックの名曲から、映画やアニメソング、J-POPやジャズなど、そして童謡まで、ジャンルを問わず。楽器あり歌あり、子供たちが一緒に参加できるようなコンセプトになっています。
演出の一つには、客席を離れてステージの上で演奏を聴いたり、いっしょに歌ったり、また楽器を弾いてみたり、音響卓や照明卓を触ったり、普通なら「ダメ!」と言われることを、ほとんど「OK!」にしているアトラクションスタイルです。客席から聞くだけ、見るだけではなく、コンサートの舞台裏までを開放しています。

ADEAM ファッションショー
2011年10月にスタートしたブランド、ADEAM(アディアム)。「伝統と革新の融合」をブランドコンセプトに、芸術性と機能性を兼ね備えた日常のラグジュアリーを提案している。東京ミッドタウンで発表された、2016年秋冬コレクション。テーマは「Japanese Arts & Crafts」。ショーはピアノの生演奏とともに幕を開け、東京シークレットオーケストラによる弦楽器の響きと共に、幻想的で現代的な演出で展開された。
音楽による演出は、時に美しく、時に強く、見る人に聴く人に大きく訴える力を持ちます。現代的センスと、あらゆる状況に対応する柔軟性、そしてアーティストのクオリティの高さを誇る森音楽事務所ならではの演出が生かされます。

八重洲地下街 ミュージックライブ
東京駅八重洲地下街で秋とクリスマスの年2回、4日〜7日間にわたり開催されている人気のミュージックライブ(観覧無料)。これまで、弦楽四重奏やピアノ三重奏といったクラシック音楽から、チェンバロとフルートによるバロック音楽、ジャズカルテット、声楽隊やゴスペルなど、多彩なバリエーションで展開。場所がら通りすがりのお客さんが多いですが、いざ演奏が始まると、毎回舞台が見えなくなるほど会場が人で埋まります。
アーティストとお客さんの距離が近く、アットホームな雰囲気で身近に感じられるのがこのライブの特徴。クリスマスにはサンタのコスチュームを着たグループが出演するなど華やかな演出もあり、音楽だけでなく見た目にも楽しい企画です。

「表参道クラシック」 倶楽部パソナ表参道
普段手がけているいわゆる一般的なクラシックコンサートでなく、これまでクラシック音楽に馴染みの無かった方々にも気軽に聴いてもらおうと、クラシック音楽の楽しさや楽しみ方を広める目的で企画されたプロジェクトです(全8回開催され、以後会場の閉鎖により終了)。
コンサートの内容は初心者向けでなく、あくまで本格的なクラシック音楽であることにこだわる。だけど、何故か楽しめるコンサートとして、回を重ねるごとに人気のシリーズとなりました。第4回「戦争と音楽」は戦争当時に書かれた作品や戦争にまつわる作品を紹介し、当時の国や環境ごとのリアルな心境や光景を感じ、改めて平和について考える企画でした。その他にも、技巧的で情熱的なスペイン音楽を取り上げた「情熱のアンダルシア」。第5回「ハンガリーの音楽」ではバルトークが18才で書いた隠れた熱き傑作“ピアノ五重奏曲”を取り上げるなど、常に熱気が溢れていました。