Takaya Sano Piano / 佐野 隆哉 ピアノ オフィシャルサイト

ダイナミックにして繊細。天性のイマジネーションから織りなす「色彩感」と「叙情性」に満ちた"実力派"ピアニスト。

1980年東京生まれ。東京都立芸術高校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。同大学院修士課程を修了。2005年に渡仏後、パリのスコラ・カントルム高等課程を最優秀で修了。その後、日本人男性として初めてパリ国立高等音楽院「第三課程研究科」(博士課程)からの入学を許可され、2008年に修了。 在学中より、日本音楽コンクール第2位入賞を始め、世界各地の国際ピアノコンクールで多数入賞。2008年、ホセ・ロカ国際2位(スペイン)。2009年、ロン=ティボー国際5位及び聴衆賞、特別賞(仏)。2010年、ショパン国際ディプロマ(ポーランド))等を受賞。

これまでに、フランス国立管弦楽団、パリ国立高等音楽院オーケストラ、東京交響楽団、大阪フィル等と共演。国内はもとより、フランス、ヨーロッパ各地でリサイタルを開催。室内楽の分野においても、パリ国立高等音楽院室内楽科を審査員満場一致の最優秀で卒業。日本モーツァルト音楽コンクール声楽部門の共演者賞、国際サキソフォーンコンクール名誉ディプロマ(ポーランド)を受賞するなど、国内外の幅広いジャンルのアーティストから厚い信頼を得ており、ソロ活動に留まらず多方面で活躍している。2010年冬に帰国し、現在は演奏活動の傍ら、東京藝術大学及び国立音楽大学にて非常勤講師も務めている。平成16年度青梅市芸術文化奨励賞受賞。